ホーム > ニュース> Apple> Appleは四川省の災後復興に1億円を寄付

Appleは四川省の災後復興に1億円を寄付

Yara 2017年08月11日 17時15分

今日、Apple社は四川省九寨溝地震の災後復興に支持するために、700万元を寄付すると発表しました。8月8日、現地時間夜9時19分、中国内陸四川省観光地の「九寨溝」でマグニチュード7.0の地震が発生しました。現地では、多くの住宅の壁が壊れて、山崩れや落石ので広い範囲の道路も寸断されました。他に、九寨溝で野生のジャイアントパンダが生息しています。

九寨溝「臥竜大熊猫保護研究基地」のジャイアントパンダ

写真元:Baidu

中国扶貧基金会(CFPA)はウェブサイトでAppleが地震被害の四川省へ700元(約1億950円)を寄付することを発表しました。Appleの700万元は今まで、中国九寨溝が取得した最も多くのお金です。それに、Appleは中国九寨溝地震災害援助活動に寄付した初の米国企業だそうです。

Appleは九寨溝救助活動に700元を寄付する

写真元:MacX

Appleは凤凰科技に「我々は四川省で数年渡って、四川省で従業員とその家族が数百人居て、地元のサプライヤーにも数千人の人々がは務めています。Appleは地震災害を悼んで、救助活動に一部の力を出すと願っています。同社は中国扶貧基金会の救助活動に支持して、被災者、家や学校を再建することに700万元を寄付することにしました。」と説明しました。

Source:MacX

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事