ホーム > ニュース> Apple> iOS&MacOS、Siriの検索エンジンがBingからGoogleに置き換え

iOS&MacOS、Siriの検索エンジンがBingからGoogleに置き換え

Kyon 2017年09月26日 15時18分

海外メディアの報道により、AppleはiOSでのSiriの検索エンジン、MacOSでのSpotlightの検索エンジンをMicrosoftの「Bing」からGoogleの「Google」に変更したと報じています。今週の月曜日に公開された声明文で、Appleはこのことを認めました。そして、今後はSiri、iOSの検索窓、SpotlightなどすべてのiOSとMacデバイスがデフォールトでGoogle検索を利用すると表示られています。

Siriの検索エンジンがBingからGoogleに置き換え

写真元:techcrunch

前の報道によれば、GoogleはSafariのデフォルトになるために、すでにAppleに30億ドルを払いました。

AppleはTechCrunchに送った声明文の中で、「Siri、iOS、MacのSpotlightの検索プロバイダーをGoogleに変更することにより、これらのサービスの検索体験をSafariのデフォルト検索エンジンと統一できる。我々はGoogleおよびMicrosoftと強い関係を保っており、最良のユーザー体験提供に努力している」と述べました。

Siriの検索エンジンがBingからGoogleに置き換え

写真元:techcrunch

また、もしユーザーがある原因でGoogle検索エンジンを使いたくないなら、iPhone、iPad、iPod touch或いはMacで改めてMicrosoftの「Bing」を起動できます。ただし、Safari Webブラウザーだけに対応できるそうです。

Source:techcrunch

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事