ホーム > ニュース> iPhone> AppleはiPhoneのCPUを減速することで、ユーザーに起訴

AppleはiPhoneのCPUを減速することで、ユーザーに起訴

Kyon 2017年12月24日 21時45分

最近、Appleが旧機種iPhone内部部品を保護することを理由として、iOS 11のアップデートで旧機種iPhoneのCPUを減速したと報告しました。しかし、この問題で、Appleがユーザーに起訴されました。

旧機種iPhoneのバッテリーがいつも老化で正常に使用できなくなります。AppleはiOS 11のアップデート中、ハードウェアの速度を遅くさせることで、バッテリーを保護します。しかし、ユーザーがこのiPhoneのバッテリー修正措置に満足しません。

新搭載のiOS 10・iOS 11不具合が発生する

写真元:appllio.com・iPhone 7のデメリット1-6

海外メディアTMZによれば、ユーザーStefan Bodganovich氏はAppleがユーザーの意思を問わずに、デバイスの動作速度を遅くさせることはデバイスの価値に損害を齎し、Appleが旧機種iPhoneの性能制限を解除すべき、ユーザーに賠償金を支払う必要があると主張しています。

最近iPhone減速問題でAppleを起訴する案例が増えています。今まで、3件の訴訟があります。関連のデバイスがiPhone 7,iPhone 6シリーズが含まれています。

Apple、電池故障を避けるために旧機種iPhoneを遅くさせた

サプライチェーン、iPhone X Blush Gold版は生産中!早ければ2月に発売

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事