ホーム > ニュース> Apple> 【iPhone 9】新機能、発売日、デザイン、価格に関する最新情報まとめ

【iPhone 9】新機能、発売日、デザイン、価格に関する最新情報まとめ

Kyon 2017年06月30日 12時17分

3ヶ月後、AppleはiPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plusをリリースします。最新情報によれば、Appleは9月17日にiPhone 8とiPhone 7sを発表、25日に発売します。ですから、今、Appleはもう「iPhone 9」の開発に取り組んでいます。

iPhone 8のコンセプト画像

写真元:9to5mac

iPhone 9 スペック

情報によると、Appleは2018年、iPhone 9とiPhone 9 Plusのために、SamsungにOLEDディスプレイを注文しました。周知の通り、iPhone 8に搭載されるOLED(有機EL)ディスプレイはSamsungに製造されます。OLEDディスプレイについて、Samsungは世界一のOLEDディスプレイ製造会社であります。AppleはiPhone 9のディスプレイのために、Samsungに注文することは当たり前です。報道によれば、SamsungがAppleから受けた注文は2つの規格があります。5.28インチのiPhone 9と6.46インチのiPhone 9 Plusだそうです。

iPhone 9 新機能

iPhone 8のコンセプト画像

写真元:forbes

iPhone 9とiPhone 9 Plusは遠距離ワイヤレス充電に対応する可能性があります。実は、AppleはiPhone 8にEnergousの遠距離ワイヤレス充電技術を採用することを計画していましたが、研究結果はまだまとまらないし、生産難度も高いので、iPhone 8に遠距離ワイヤレス充電機能を搭載しないことにしました。それに対して、今1m内ワイヤレス充電は有効に電力を伝送することができるそうです。Appleは2018年に、この最先端のワイヤレス充電技術をiPhone 9に導入する可能性があります。

それ以外、2018年、AppleはiPhone 9に5G LET通信技術を導入する予定だと言われています。噂によれば、今、Appleは5G LET通信に対応する「iPhone 9」をテストしているそうです。

iPhone 9 デザイン

iPhone 8のコンセプト画像

写真元:bgr

さらに、AppleはiPhone 9に柔軟性のあるディスプレイを搭載して、柔軟性のあるプリント基板(フレキシブルプリント基板)を採用するそうです。ですから、iPhone 9は折りたたみスマートフォンになる可能性があります。目前、最新情報によると、LG傘下のハードウェア会社LG Innotekはフレキシブルプリント基板の生産ラインを建設していて、2018年にフレキシブルプリント基板を量産開始すると計画しているそうです。今度、LGはAppleの2018年新製品「iPhone 9」のプリント基板のサプライヤーになることに狙っています。フレキシブルプリント基板は柔軟性のあるOLEDディスプレイデバイスに不可欠の部品です。だから、iPhone 9は柔軟性のあるOLEDスマートフォンのことは明らかにしました。

iPhone 9 発売日

今まで、iPhone 9発売日はまだ判明できません。本ページはiPhone 9 発売日に関する最新情報を持続更新します。

iPhone 9 価格

情報によれば、iPhone 8の価格は999ドルで、iPhone 9はもっと先端技術が搭載されて、生産コストは高くなるかもしれません。ですから、iPhone 9もとても高価のスマートフォンだと推測できます。iPhone 9具体的な価格はまだ判明できませんが、きっと安くありません。

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事