ホーム > ニュース> インターネット> Adobe、Flashプラグインサービスを終了

Adobe、Flashプラグインサービスを終了

Kyon 2017年07月26日 11時10分
Adobe Flash Player

写真元:BBC

Adobe Systemsは2020年末前に、Flash Playerプラグインサービスを終了

Flashはウェブでビデオやゴームなどマルチメディア分野におけるよく使われる技術です。しかし、Adobe Systemsは2020年末までにFlash Playerプラグインを終了させると発表しました。2020年末まで、AdobeはFlash Playerのサポートを継続提供して、必要なセキュリティーパッチを配布します。

原因について

Flash PlayerがGoogle Chrome、Firefoxなどのブラウザーでインストールしたプラグインの1種です。実は、Flash Playerのコードで欠陥があり、ハッカーが簡単にウイルスをパソコンに感染できますから、悪評高いです。近年、HTML5技術の誕生は、Flash Playerを取って代わるそうです。今、ほとんどのFlash機能がHTML5に提供されます。

HTML5がFlash Playerと比べて、最大の優勢はユーザーが任意なプラグインをインストール/アップデートしなくて、マルチメディアが提供されることです。

業界内の評価

ずっと前から、Apple元CEOとしてのSteve Jobs氏はFlash Playerの欠陥をパブリックレッテルに書かれました。それに、AppleのiOSデバイスにAdobe Flash Playerにサポートしません。

さらに、Apple、Google、Microsoftなども今度Adobeの発表に対して、Flashサポートを終了すると発表しました。

Source:BBC

タグ:

関連記事

最新記事

メールメールメール :

購読する

注目記事